機能を究極的に優先した結果そこにたどり着いたといわんばかりの、ある意味傲慢なデザインを持ったものには、もうまったく抗えない。腰砕けに魅了されてしまう。

機能を究極的に優先した結果そこにたどり着いたといわんばかりの、ある意味傲慢なデザインを持ったものには、もうまったく抗えない。腰砕けに魅了されてしまう。-今日もディフェンダーに乗って-より

わかります。俺もそうだから。

だからトラクターもブルドーザーもトラックも旅客機専用牽引車も軍用車も好き。わくわく感が異常。そして、もちろんディフェンダーもね。 Details »