ジャック・アタリのハイパーノマドという概念

ジャック・アタリのハイパーノマドという概念

 ハイパーノマドとはジャック・アタリが提言している概念です。高城剛の私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明より。なにかと話題のノマドワーカーとは少し違います。

いま、目の前で起きていることの意味について――行動する33の知性
いま、目の前で起きていることの意味について――行動する33の知性 ジャック・アタリ Jacques Attali ルネ・ジラール

早川書房 2010-12-17
売り上げランキング : 92364

Amazonで詳しく見るby G-Tools

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 モノを捨てよ世界へ出よう ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと SOUL RESET 魂の再起動 魂の声に耳を澄まし、未来を見通す方法 時代を生きる力

 ジャック・アタリ(仏: Jacques Attali, 1943年11月1日 – )は、フランスの経済学者、思想家、作家。アルジェリアの首都アルジェ出身のユダヤ系フランス人。パリ政治学院卒業。経済学国家博士。初代欧州復興開発銀行総裁。フランソワ・ミッテランの側近中の側近で81年から91年まで大統領補佐官。91年から93年まで初代欧州復興開発銀行総裁。指揮者としてオーケストラを指揮したこともある。著書『時間の歴史』は引用と示さずに他者の著作そのままを写した部分が指摘され、剽窃問題を起こした。2011年1月10日、菅直人首相が八重洲ブックセンターに立ち寄り、アタリ著『国家債務危機』を購入したと報道された。

著作

L’ordre cannibale, vie et mort de la medecine 『カニバリスムの秩序──生とは何か/死とは何か』 みすず書房

Bruits: Essai sur l’economie politique de la musique 『ノイズ──音楽・貨幣・雑音』 みすず書房

Histoires du Temps 『時間の歴史』 原書房

An introduction to post-Keynesian and Marxian theories of value and price 『価値と価格の理論』 日本経済評論社

Au propre et au figure: une histoire de la propriete 『所有の歴史──本義にも転義にも 』 法政大学出版局

L’anti-economique 『アンチ・エコノミクス』 法政大学出版局

Europe(s) 『ヨーロッパ──未来の選択』 原書房

Dictionnaire du XXIe siecle 『21世紀事典』 産業図書

Une brève histoire de l’avenir 『21世紀の歴史――未来の人類から見た世界』 作品社

Fraternités UNE NOUVELLE UTOPIE 『FRATERNITÉS 反グローバリズム 新しいユートピアとしての博愛』 彩流社、翻訳 : 近藤健彦[3]、瀬藤澄彦(ジェトロ・リヨン事務所長)

**”1492″(1991) 翻訳『歴史の破壊 未来の略奪 ― キリスト教ヨーロッパの地球支配』斎藤広信訳(朝日新聞社、1994)、『1492』(ちくま学芸文庫、2009)

ジャック・アタリ氏のNHKインタビューより

①~⑤まで順序立てて進行せず、もしかすると同時進行になるかもしれない。

①第一の波 「アメリカ支配の崩壊」

アメリカは、自国の赤字解消やインフラ整備のため、世界から撤退。アメリカにとってかわれば、悲劇が起こる。

②第二の波 「多極型秩序」

G20が良い例で、20カ国がそれぞれ統治する。また、「国家はグローバルな市場よりも弱い」。各国間の国際協調はグローバルに勝てない。自国の国益を守るのに精一杯。

③第三の波 「超帝国」

グローバル市場が帝国になり、全てが民営化。その中で、二つの力が強大になる。一つ目は、「エンターティメント」国民を大事な物事から目をそらさせるため。二つ目は、「保険の世界」リスクから身を守るため。インターネットが人を監視する技術革新が行われる。政府からインターネットを通じて、厳しく監視される社会になる。監視の対象は、あくまでも「物」であり、「個人」の自由を損ねるものであってはいけない。

④第四の波 「超紛争」

気候やエネルギーの変化が起こり、様々な地域で紛争がおきる。誰もコントロールができない。市場は無秩序化される。紛争において、ノマド(遊牧民族=定住しない人々)が重要な役割を果たし移動する人が増える。ノマドは三種類に分けられる。

A)超ノマド(世界中どこでも行ける人、全世界で1千万程度)
B)下層ノマド(非常に貧しい人達全世界で30億人)
C)パーチャルノマド(定住者だが、TVやインターネットで仮想パーチャルを楽しんでいる人達)

全人類において貧困層の拡大がおこる。市場メカニズムによる方法は失敗する。痛みで国が混乱。

⑤第五の波 「超民主主義」2060年頃~

別の統治方法が考えられる。それは、「利他主義」=人は他人を援助することによって幸せになれること。トランスヒューマンが重要な役割を担い、新しいエリートとなる。

ジャック・アタリ氏講演会

 2010年 1月18日に多摩キャンパスで開催されたジャックアタリ氏の講演会です。

 以下YOUTUBEから抜粋

 hungryhope 5 か月前 ただでさえ、日本の政府はお金の問題をとり立たされています。一部の人間が幸せになるようなシステムがどうせ作られていくに違­いはありません。もしかすると、強制的に反抗できないような技術も開発されてかも­しれません。そうなると手遅れです。

 hungryhope 5 か月前 これまでの世界の歴史を分析したアタリさんが述べる事の1つに、­人々を支配してきた道具がある事を示唆します。その道具とは1、経済 2、宗教 3、軍事力であったと述べています。そしてそれらが正しい機能を持たなくなってしまった場合、それは­人々の混乱に直結して、戦争が起きると提唱しているように思いま­す。その戦争とは第3次世界大戦のようなものだと想定されます。だから、その戦争が起きないようにするには世界政府のような、強­制的な権力を持つ機関が、その混乱を収束の方向へ導く必要がある­としています。従って、昨今の経済をマラリアに例えていることが分かります。このアタリ氏の話の大前提として、人はコントロールされている。­と名言しています。つまり、経済は人と人に直結しており、世界的な視野がある現在、­その影響はもはや一国だけの問題ではないというのは周知の事実で­ありますが、それと強制的な政府というのは果たして本当に必要で­しょうか?

 destroychineseempire 5 か月前 ビルダーバーグ会議メンバーのロスチャイルド系大物ユダヤ人ジャ­ック・アタリが、「地球汚染を防ぐため、今すぐ国際社会が日本に­介入すべきだ」と断言した。日本占領をもくろむとんでもない野郎­だ。

 goodfeel601 10 か月前 21世紀の歴史に書かれている都市の移動の話ですね。大局観のた­めの話ですが、その要素を知ることで、今後の世界の流れを垣間見­ることができるということだと思いました。要は一人一人が歴史を­しっかり学びそこから次の世界にするべきことを備得なければなら­ないと訴えているようです。

Related Post