NO ADVENTURE,NO LIFE

NO ADVENTURE,NO LIFE

11110133_833446856742572_2100526440336172459_n

10306238_833070410113550_4533563812276468049_n

15520_833446940075897_953209273974972836_n

10423833_833447023409222_3782405028189900500_n

10623116_833446893409235_4847732229442184336_n

道北ビッグレインボーを釣りに行きたい。

朝、急いでnymphを巻いた。去年の夏、知人に戴いたヒグマの毛を使った北海道スペシャルだ。nymphとは川に生息している昆虫の幼生の事だが、森や川に住む妖精という意味もあるらしい。そのnymphは妖精のように水中を泳いだ。

道北を南下しながら、途中の山中に出ると言われるマボロシの”赤鬼”を撮影したくて山中を駆け巡るも空振り。春が早かった?これは既に街に”鬼”が現れる前兆を意味しているのか。それともまだ…

仕方無く鹿だらけの峠道を通り、鯱が出ると噂のオホーツク海へ。鯱の姿は見られず。またもや空振り…

そうしているうちに浜頓別に到着。焼き鳥じゅんこ、フードバーサンズで友人達と楽しく過ごす。今回もまた素敵な出会いがたくさん。

朝4時集合で釣りへ出発するも、トラブル発生により数時間立ち往生…。そう、まさかの…アレである。ついこの前も同じ様な事があったような…とにかく4月の残雪も危険過ぎる。いくら屈強な四駆であろうが雪に乗ってはいけない。雪の下の地形はわからない…

車は時として人間の力を遥かに超えたただの物体になってしまう。そんな時、木こりの若者とトラクター乗ったおじいさんの2人の救世主が現れる。自然の脅威、車という物体、そしてプロの技術と経験を目の当たりにし、またもや己の無力さを痛感する事になった。

冬 己の肉体と武術に限界を感じ悩みに悩みぬいた結果 彼がたどり着いた結果は感謝だった・・・・・

救世主により救われた僕らは懲りずにビッグレインボー狙いで道北を駆け巡るも本流は雪代濁流で釣りにならず幾つかの支流に入るも全て空振り。3人で釣っているのにアタリすら一度もない。奴らの生態は依然謎のままだ。

眠すぎててみんなテンパりながら、中頓別でまさかのネパール料理を食べ、帰路に。家に着いたらモンスターが歩いて来た。

今週も楽しかったなぁ。来週も冒険へ行こう。

NO ADVENTURE,NO LIFE

Related Post

ソラノカイ@PDX TAPROOM

ソラノカイ@PDX TAPROOM

ちょっと不思議な人が集まってスピリチュアルな話をする会合、ソラノカイです。サンタ柄レッドビールで乾杯