マインドフルネスとヴィパッサナー瞑想法

マインドフルネスとヴィパッサナー瞑想法

10479067_664460456974547_7647505010626238583_n

先日、とある方からマインドフルネスというのを教えてもらいました。僕も瞑想実践者だけどもしかしたら既にマインドフルネス状態だったりして?

マインドフルネスとは、今の自分の感情や意識に気づいていることを言います。それらの感情から距離を取れる状態をいいます。マインドフルネスは、ヴィパッサナー瞑想法に端を発します。ヴィパッサナーとは「物事をありのままに観る」という意味です。マインドフルネスの原則としくみの中でも特に大切なのは、エクアニマスな心と無常です。

エクアニマスな心とは、私たちが体験するさまざまなことがらに対して、中立的な姿勢を保っている状態を指します。それは、不快な体験を嫌うとか、快い体験を欲するとかいったことを、しないような心の境地のことです。反応しないバランスのとれた心、沈着冷静な心と言い替えてもいいでしょう。 エクアニマスな心というのは、マインドフルネスの技術のなかでもとても重要なものです。それは、たとえどんなことを体験しようとも、心がエクアニマスであれば、あまり反応したり批判的になったりしないでいられるし、さらに自分をうまく制御し、穏やかでとらわれのない気持ちで日常の生活を営んでいけるようになるからです。

普遍的な事実である「無常」、つまり私たちの心や感情を含む全てのものは常に変転しているということ、について教えてくれます。私たちの内なる体験も常に変転するということを実際に経験することを通して、自分というものをもっと柔軟性や客観性に富んだ見方でとらえられるようになっていきます。ストレスや不幸につながるような、凝り固まった見方や癖となってしまった習慣などに、距離を置けるようになるのです。

記憶力や免疫力をも上げる? 「マインドフルネス」とは結局何なのか

インテル社が導入、「瞑想で業績を上げる」マインドフルネスプログラム

グーグル、ゴールドマン・サックス・・・なぜ企業はマインドフルネスに取り組むのか

米IT起業家らも注目の「マインドフルネス(Mindfulness)」って何だ? (1/2)

マインドフルネスで有名な教授のスピーチがすばらしかったので訳してみた

Related Post