DO MORE WITH LESS

Do-More-with-Less

DO MORE WITH LESSという言葉を知ったのはザノースフェイスの40周年だった。

「最小限のエネルギー・物質で、最大限の機能を引き出す」ということ。ベトナム戦争が泥沼化していた時代。物質文明中心の社会や既存価値に対するカウンターカルチャーが隆盛を極めつつありました。鋭敏な感覚を持った若者たちは街を出て、自然へと回帰して行きます。

Details »