ランクル☆

ランクル

再会と新しい出会いがありました☆

紳士のスポーツと呼ばれるフライフィッシング

スクリーンショット 2015-10-09 16.06.51

Details »

斜里からシリエトクノートの編集者の方がSOYAPARTYに。エゾシカ猟の特集らしい。

22625_841101529310438_6410705257173656951_n

斜里からシリエトクノートの編集者の方がSOYAPARTYに。エゾシカ猟の特集らしい。エゾシカの角を使った彫り物ステキ。ヒグマの爪を使ったのもあるとか。
Details »

山のクルマ、森の自転車クルマ HUNT Vol.7

1799195_803467266407198_9045099001988024255_o

山のクルマ、森の自転車クルマ HUNT Vol.7 なにこの魅力的過ぎるムック本。買うわ。

http://www.amazon.co.jp/dp/4777017796/

ブルースアンドウォーカーのロッド、ハーディーのクラシックリール。

10458018_667557709998155_4543670239047418593_n

中川町の流れが1番。リトリーブの釣りはしないよ、俺は絶対に口にかける。イトウは一匹も殺した事はない。

彼はそう言い放った。

彼はハンター試験の試験管でもある生粋のプロハンターだ。

中川町での天塩川の流れはかなり速く、そして重い。チェンジダイレクションからのシングルスペイで対岸にフルキャスト。彼はフローティングラインにシンクティップを付け、表層を流す。ラインが川の中心の流れに押されてフライが泳ぎだした瞬間…来る…

もしかかれば100メートル上流に走るから覚悟しときなさい。フロロカーボンの4番のティペット?そんなんじゃすぐ切られるよ。ニジマスとはわけが違う。

彼のフライはクラシックタイプ。いわゆる本物の毛針でサーモンフライも使う。ゾンカーやマラブー、ニンフ等は一切使わない。

ブルースアンドウォーカーというイギリスのメーカーの長く重いロッド、ハーディーのクラシックリール。

彼はそれを優雅に使いこなした。

極めし者…

ヒグマを解体して焼肉に。ハードボイルド。

10423675_662922907128302_6266316822341975544_n

成り行きで昨日のヒグマを焼肉にしました。部位名忘れたけど一番柔らかいとことヒグマのタン。美味しかったです。ハードボイルド。