白洲次郎の学生時代の仕送りは月額2000万円だったらしい。

レンジローバー特集の雑誌に載ってた。白洲次郎の学生時代の仕送りは月額2000万円だったらしい。

羨ましい…だなんて最近はもう思わない。世界は平等だ。

経済的に恵まれていても多くの悩み、プレッシャー、不自由、責任、背負わなければいけない大きなものがあったかもしれない。逆に、経済的に恵まれていなかったとしても、例えばジャングル奥地の原住民達の方が幸せを多く感じられているかもしれない。太陽と共に目覚め、みんなで食料を確保し、夜はみんなで歌って踊って、太陽が沈んだら眠る。

与えられた自分の状況や環境、最善を見極めて、楽しんで行こうと思う。未来は選べる。 Details »