狙いは145センチの魚鬼。カタカナのイトウじゃない、魚篇に鬼だ!って。

1926734_864614096959181_535918883598430149_n

天塩川のロッジに寄り道。年配のフライマンの方々と出会う。60代か70代か。

Details »

天塩川水量多くて恐ぇぇぇ。まず川まで行けないし。

11057218_814251301995461_8658507393079437861_n

天塩川水量多くて恐ぇぇぇ。まず川まで行けないし。安平志内川の友人も今日から出かけてるらしいし諦めよう。

今夜の宿は音威子府。一軒だけある居酒屋が貸し切りだった…

10259863_813769408710317_1998574647975813438_n

今夜の宿は音威子府。一軒だけある居酒屋が貸し切りだった…明日、天塩川偵察しに行って出来そうなら釣りする!

もしかしたら天塩川のイトウも授かり物なのかもしれない。

10348216_668585519895374_1467248198965287571_n

中川の釣り具店に行った。

店主はフライ歴45年らしいがもう4年間も天塩のイトウの顔を見ていないらしい。天塩のイトウはそういうレベルだ。ただ大きいサーモンフライしか使わないこだわりがあるらしい。フライフィッシングの歴史、バックグラウンドを網羅していた。絶対これで釣るんだ。オリジナルのイトウ用サーモンフライで101cmが夢だとか。まさにハードボイルドの世界だ。

猿払で年間100尾以上釣る彼の友人も天塩では5年間釣れていないらしい・・・

約5年前、プロの水中カメラマンが天塩川に潜った事があるらしい。イトウはうじゃうじゃいるとか・・・天塩川は安心ですね。カメラマンはそういい残したとか。もちろんポイントはあるし、もしかしたら釣り人の手が届かない場所なのかもしれない。

そもそもイトウは食い気が無いと全てを完全に無視するらしい・・・

イトウの食い気、大水の前か後か、それとも真夜中か・・・もはや得体の知れないモンスターとの戦いである。

アンモナイトハンターは、アンモナイトの化石を見つけに安平志内川のさらに奥地までテントを持って2泊3日で行くらしい。

まさにトレジャーハンターですね?いや、お宝なんかじゃない、授かり物だよ。

もしかしたら天塩川のイトウも授かり物なのかもしれない。

天塩川河口付近は大河過ぎて戦う術無し。撤退。天塩川と問寒別川の合流地点へ。

10329058_666226046797988_2999902094853893372_n

天塩川河口付近は大河過ぎて戦う術無し。撤退。天塩川と問寒別川の合流地点へ。いかにも釣れそうなのに釣れず。天塩川イトウポイントらしいが…天塩川まじラスボス。結局また中川に戻って来た。余計に150キロくらい走ってしまった(~_~;)

札幌のフライショップ、ドリーバーデンへ

10341715_655183987902194_3096576039758068129_n

尻別川を北上し、札幌へ。ドリーバーデンというフライショップへ辿り着く。ループのタイプ3のシューティングヘッドなど、対天塩川イトウ釣行の装備を整えました。スタッフの方にもいろいろ親切にしていただきました。帰りにまた寄ろう。