支笏湖のエゾハルゼミ

13230127_1044930922260830_8395053596390893697_n

今日エゾハルゼミ出た。。溺れてたセミを捕まえたら湖の方に飛んで落ちてまた溺れる。。そういえば昆虫に寄生して思考を支配して入水させ、トラウトに食べられるのが目的の寄生虫がいるとかいないとか。支笏湖の場合はわからないけど。もしかしたら人間も。。なんて。今日は1日中無風。こんな日は火の玉が出そう。火の玉よりヒグマの方が怖いけど。。

ディフェンダー110&トランキルグローブで行く北海道の旅2014、終わりです。

10358139_707703999316859_1666715979214056474_n

自然の中へ足を踏み入れるのは恐怖すら覚える。もちろん羆の恐さもあるが、それよりも圧倒的に恐いのは自然自体だ。自然への畏敬の念。轟音を鳴らして流れる川、風が吹き始めるといきなり牙を剥く湖。得体の知れない何かと遭遇してしまうような、川や湖の深淵に何もかも飲み込まれてしまうような感覚。

たとえ穏やかな日でも1人きりで自然の中にいると常に誰かか何かに見られているような感覚がある。それが動物なのか宇宙人なのか妖怪なのかおばけなのかはわからない。逆にその恐怖とスリル、臨場感がたまらないんだけどね。

釣行の8割は同行者がいた。中には1ヶ月近く同行した人も。彼らの知識と経験、1人じゃないという精神的な強さを得られたおかげで多くのトラウトに出会えた気がする。
釣り人はみんな少年のように目を輝かせながら本当に楽しそうに喋る。彼らのこだわり、スタイル、人生哲学…豊かさとはこういう事なんだろうと思う。既に来年が楽しみで仕方がない。

ドスンッ!!ゴゴゴゴゴー!!

ほらね、もう禁断症状…

来年また会いに行きます。

イワナセンターはニジマス入れ食い状態

かなり飢えてます、彼ら。

半日コースだったので半日でお持ち帰りは10匹まで。最初に、岩魚、山女魚、ブルックトラウト、ブラウントラウトで10匹確保してから、ニジマスエリアへ。

入れ食いです、やばい。ニジマスは引きが強くて面白いから楽しめました。1時間で30匹くらい釣りました。 Details »

忍野のフライフィッシング釣具店River’s Edge(リバーズエッジ)

忍野のフライフィッシングショップ、River’s Edgeでトラウトペペロンチーノを。そして毛鉤を少々調達。いろいろな忍野のポイント情報も教えてくださり、大変お世話になりました。

http://www.mfi.or.jp/redge/index.html

Details »

忍野リベンジ2日目(4)

忍野リベンジ2日目(4) Details »

忍野リベンジ2日目(3)

忍野リベンジ2日目(3) Details »

忍野リベンジ2日目(2)

忍野リベンジ2日目(2) Details »

忍野リベンジ2日目(1)

朝4時起床。5時から釣り開始。

Details »

フライフィッシング忍野リベンジ1日目

前回、天候が悪く、1~2時間しか出来ずに、しかも釣れなかった忍野へリベンジをしに朝4時に起きて忍野へ向かう事に。忍野まではクルマで1時間50分。以外と近い。

到着するやいなや、早速フライフィッシング。けっこうすぐにニジマスを釣り、前回のリベンジを果たす。が、忍野は本当に難しい。この日はその後、もう1匹釣るも、取り逃がしてしまう。まあ、キャッチ・アンド・リリースしてるので問題無いけど。

昼食は、RIVER’S EDGEというフライフィッシングの専門店&カフェでパスタ。せっかくだしトラウトペペロンチーノにした。忍野情報もいろいろ教えてくれた。

午後も真っ暗になるまでフライフィッシング。って事で1泊して翌日も1日フライフィッシングする事にした。夜は温泉に浸り、道の駅富士吉田で1泊。

ふじさんビールとポークカレーが疲れた体に染み渡った。 Details »

大きいブルックトラウト釣りました。

センセが釣った大きいブルックトラウト。 Details »

群馬県の日本イワナセンターでフライフィッシング

雨の影響で川が濁ってる可能性があったのでセンセのレンジローバーで管理釣り場へ。群馬県の日本イワナセンター。

途中、渓流もいくつかあったので挑戦したい。

日本イワナセンターで、2時間2000円5匹お持ちか帰り可能コースを選びフライフィッシング。

結局、イワナ、ヤマメ、ブルックトラウトを計5匹釣った。

センセにフライフィッシングのフォームや魚の捌き方を教わり、より楽しくなったきた感じ。 Details »