もしかしたら天塩川のイトウも授かり物なのかもしれない。

中川の釣り具店に行った。

店主はフライ歴45年らしいがもう4年間も天塩のイトウの顔を見ていないらしい。天塩のイトウはそういうレベルだ。ただ大きいサーモンフライしか使わないこだわりがあるらしい。フライフィッシングの歴史、バックグラウンドを網羅していた。絶対これで釣るんだ。オリジナルのイトウ用サーモンフライで101cmが夢だとか。まさにハードボイルドの世界だ。

猿払で年間100尾以上釣る彼の友人も天塩では5年間釣れていないらしい・・・

約5年前、プロの水中カメラマンが天塩川に潜った事があるらしい。イトウはうじゃうじゃいるとか・・・天塩川は安心ですね。カメラマンはそういい残したとか。もちろんポイントはあるし、もしかしたら釣り人の手が届かない場所なのかもしれない。

そもそもイトウは食い気が無いと全てを完全に無視するらしい・・・

イトウの食い気、大水の前か後か、それとも真夜中か・・・もはや得体の知れないモンスターとの戦いである。

アンモナイトハンターは、アンモナイトの化石を見つけに安平志内川のさらに奥地までテントを持って2泊3日で行くらしい。

まさにトレジャーハンターですね?いや、お宝なんかじゃない、授かり物だよ。

もしかしたら天塩川のイトウも授かり物なのかもしれない。

10348216_668585519895374_1467248198965287571_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Using Japanese only(for SPAM)You can send E-mail to me,using English.